飲んで呑まれて

みんな元気?

絵の仕事を募集する人は見積り依頼フォームを作ってみては?

f:id:iwadou:20180219183443j:plain

Twitterを見ていたら、こんな話題がありました。

togetter.com

twitter.com

togetter.com

元ツイートに鍵が掛かってるので内容を要約すると、イラストレーターにTwitterのヘッダー画像を5万円で依頼したら、「絵を舐めてるんですか」と怒られて即ブロッグされたというもの。その経験から「分かりやすいところに大体の依頼料金を書いておいてほしい」と訴えています。

Twitterやpixivを見ると「絵の仕事募集中」とプロフィールに書いてる人はたくさんいるけど、確かに「この条件だったらいくら」と金額まで掲げてる人はほとんどいないんですよね。

それはイラストレーター側からすると「様々な条件が絡み合うことなので一概に言えないし相場も出しづらい」問題なのでしょう。一方で依頼したい側からは寿司屋の『時価』にも似た分かりづらさ、手の出しづらさがあります。

 

 最初に問題を分けて考える

今回の連ツイですが大まかに分けても2つの問題から成り立っています。そこを最初に解していきましょう。

「5万円で依頼したらブロックされた」個人的経験

元発言者の体験談ですね。ここを発端にしてTwitter上では様々な議論が起こっています。適切な応対もせずいきなりブロックしたイラストレーターへの疑問だったり、金額ではなく何か失礼な態度を取ったために相手が怒ったのではないかとする行間読みだったりですが、今回ここには触れません。

というのも当事者の一方的な発言だけで是非を決めるのは危険であり、見方を変えれば相手にも言い分はあるだろうからです。また、この書き込みだけでは実際に起こった出来事かすら私には分かりません。

イラストを依頼する際の作法や金額が分かりづらい問題

作法といっても難しいことではなく、依頼するなら最低限これくらいは決めてから声をかけてくれると、その後の話し合いがスムーズに進むのになというテンプレです。

日常的にやり取りしている企業の担当者なら、だいたい依頼の時点で決めておかなければならない事柄を把握していると思いますが、そういった経験のない個人が頼む場合は難しいと思います。

この点に関しては受ける側がヒアリングシートを用意しておくと親切だと思います。

見積り依頼フォームを作ってみては?

こういう話題は何も今回が初めてではなく、過去にも同種のことが何度も起こっていました。大抵はイラストレーター側が不当に安く発注する企業などへの不満をぶつける形でしたが……。

togetter.com

ちゃんと最初に条件を決めて契約を交わさず、口約束だけで作業を進めてあとからお金の話で揉める流れは、仕事で契約業務を担当しているような人ほど信じられないかもしれません。

大前提として企業に所属せずフリーでやっていくなら、価格も含めた発注側との交渉は全部自分でやらなければならないわけです。それができないと相手もビジネスですから、安く買えるチャンスがあれば買い叩きにきます。そこで自分の価値を守れるのは自分だけです。

f:id:iwadou:20180219183732p:plain

自分の創ったものに値段をつけることや、それを表に出すことに抵抗を感じる人もいるようですが、いずれ仕事としてやっていくなら慣れるしかありません。

※金額を表に掲示する弊害としては、有名イラストレーターが控えめな価格設定にしたとき、それを参考に「○○先生があの価格なんだから、君は何分の一かでいいよね」と値切り材料に使われることでしょうか。

見積り依頼書に入れたい内容

基本のテンプレとして名前や連絡先(返信用)以外で、あると便利そうなものを考えてみました。

依頼内容

これがなければ始まらないですね。利用目的、絵ならサイズ、特記事項など。

予算

どちらから最初に金額を言い出せばいいのかは意見が割れてるようですね。私は大まかでも最初に言ってもらいたい派です。その予算でこの内容は無理だけど、ここまでならできますよと提案する余地もあります。

リテイクの有無(回数、範囲、程度)

これも最初に聞いておきたいですね。あ~でもない、こ~でもないと言われて、延々お直しに付き合わされないためにも。

納期

基本項目ですね。他の作業を一旦、横に放り投げないと間に合わないような納期を言われた場合は、「受けてもいいけど特急料金を頂戴します」となることもあります。

実績としての掲載可否

ここは少し分かりづらいと思うので説明します。

1月に『ストーリー不要の時代』という匿名ダイアリーが大きな話題を集めました。その中にこんな記述があったの覚えている人はいますか?

ストーリーや企画をもちこんでも近頃は、シナリオライターは隠されるのだ。

バーチャル某や、声優主体、キャラクター主体……別にゴーストライターじゃないのにゴーストライターの気分だ。

しかも、ギャラは別に高くない。最近は特にこのタイプの案件が増えてきた。

 

anond.hatelabo.jp

フリーランスでやってる人間からしたら、キャリアで積み上げてきた経験や制作実績は財産なんです。新しい仕事をするときは「過去の制作実績や実際の作品を見せてください」と言われます。そのとき「これ実は私が創ったんですよ」と言えるかどうか。

そこを禁止するなら料金上乗せしますよ。私の名前ごと買い上げてくださいねとなるわけです。個人からの依頼ではあまり関係ないですかね。

依頼に対しての見積り書の書き方は以下のサイトなどを参考にするとよいでしょう。

invoice.moneyforward.com

 

他にも各々で必要と思われる事項を考えてください。見積り依頼フォームを作るなんて手間だと思われるかもしれませんが、最初に知りたいことを明らかにして答えさせるほうが、都度に対応するより長い目で見ると面倒がありません。

作り方もGoogleフォームで機能は足ります。個人サイトがあるなら質問とメールアドレスを分かる場所に置いておくでもいいでしょう。